ブログをWordPressに移行したら、Google Adsenseの審査で承認されなかった。

Google-adsenseの審査で承認されなかったコンピュータ

経緯

はてなブログProからWordPressに移行しました。その際、はてな以外で運用していたブログも統合したので、ドメインも新しいものに変更しました。

新しいドメインを使うため、Google Adsenseで再申請したのですが、数日後に「審査の結果、残念ながら、お客様のサイトは広告を掲載する準備がまだ整っていないようです。」という内容のメールが届きました。はてなブログProのときは審査を通過しており、統合後の新ブログでも記事内容はほとんど変わらないのに何故!?

その後、何点か改善を試みて再審査を依頼したところ、無事に審査を通過しました。一つの参考事例として、今回改善した点をご紹介します。

対策

審査後、「AdSense の利用を開始するには、問題を解決する必要があります」という題のメールが届きましたが、その文中のリンクからAdsenseのページに遷移すると、「Google のポリシーに準拠していないサイト」であると判断されたようです。

戦争を煽るようなコンテンツなど、記事内容がポリシーに違反することもあり得ます。しかし、はてなブログProで運用していたブログはAdsenseの審査を通っていたので、コンテンツの内容が原因とは考えにくいです。

そこで、Google のポリシーや他のブログ記事などを参考に、次の対策をしてみました。

  • Mixed Contentsの解消(リンク先をhttpsに統一)
  • はてなブログの非公開化(コピー対策?)
  • Google Search Console の設定
  • Invisible reCaptcha の設定

以下、順にご説明します。

1. Mixed Contentsの解消

まず、審査に落ちた新ドメインのサイトをGoogle Chromeで開き、デベロッパーツールを使ってみました。デベロッパーツールのConsoleタブを見ると、Mixed Contents エラーが表示されていました。

MixedContentsエラー

サイト内のリンク先URLに、httpとhttpsが混在していると、よろしくないようです。

ひとまず、「Really Simple SSL」というプラグインを導入し、設定画面で「混合コンテンツ修正」をオンにしてみました。参考にした記事はこちらです。

混合コンテンツの確認と対策方法【WordPress】 | SEO対策に「アクセス中古ドメイン」
サイト運用者のかたへ。サイトをSSL化(https)させても、一部のコンテンツに非SSL(http)が混ざっていると「混合コンテンツ」となってしまいます。このコラム記事ではサイト内の混合コンテンツを見つける方法や対策方法(WordPressのプラグイン)について解説をしています。

しかし、デベロッパーツールで見ると、相変わらずエラーは消えず。。早くも面倒臭くなってきたため、「Search Regex」というプラグインで、投稿ページと固定ページのhttp://をhttps://に一括置換しました(良い子はバックアップを取ってからやりましょう)。

SearchRegexで一括置換

Search Regex での置換方法は、次の記事をご参照ください(プラグインのバージョンが違うのか、表示される設定項目が多少違いました)。

Search Regexプラグインの使い方(記事やコメント内容を一括置換)
Search Regex プラグインは過去に投稿した記事の内容を一括置換することができるプラグインです。記事の本文やコメントの内容など、対象を指定して指定した文字列に一致するものを一括して別の文字列に置換することができます。ここでは Search Regex プラグインのインストール方法と使い方について解説します。

これで、Mixed Contents エラーは解消されたようです。

2. はてなブログの非公開化

Googleのポリシーを見て気になったのは、他のサイトの内容をコピーしたとみなされた場合も違反となることでした。旧ブログ(はてなブログPro)は残してありましたが、これによってコピーサイトとみなされる可能性もあります。

とはいえ、ここで旧ブログを削除するのも怖いので、ひとまず非公開にしてみました。はてなブログの管理画面から、「設定」>「公開設定」を開き、「公開範囲」を「自分のみ」にすれば非公開になります。

hatenablog_hikoukai

3. Google Search Console の設定

そもそも審査対象のサイトが、Google検索結果に表示されるようになっているのでしょうか。検索できないサイトであれば、広告を貼っても見られることがないため、審査を通らなくても仕方ない気がします。

そこで、Google Search Console の設定をします。設定手順は他の方がまとめてくださっていますので、そちらをご参照ください。例えば、こちらの記事に書かれています。

WordPressをSearch Consoleに登録し設定する方法を解説 | 会社を3ヶ月で辞めアフィリエイトで稼ぐYUKIのブログ
こんにちはYUKIです。 本日はWordPressのサイトを『Search Console』に登録する設定の方法を紹介します。 『Search Console』はサイト運営者にメリットも多く、サイトを開設したらすぐに設定するべき項目の1つで

4. Invisible reCaptcha の設定

あとは、reCaptchaも必須だとブログに書いている方がいたので、「Invisible reCaptcha」というプラグインも導入しました。スパム対策のようですね。設定手順は次の記事を参考にしました。

【2022年最新】Invisible reCaptcha for WordPressの使い方・導入方法
Invisible reCaptchaは、WordPressに認証機能を導入できるプラグインです。各種フォームへのBOTによるスパムは、reCaptchaによる認証を導入することで、全てシャットアウトすることができます。スパム対策に有効なInvisible reCaptchaの使い方・導入方法とは?

これらの設定後、しばらくして審査通過のメールが無事に届きました。

おわりに

おそらく、カスタマイズ性が高いWordPressでは、自分で設定すべきことが色々とあるのでしょう。はてなブログProのようなサービスでは、あらかじめこれらの対策が施されていたのだと思います。自分で設定した覚えがないので。

今後も新たな試練が待ち受けていそうですが、コツコツ頑張ります。

タイトルとURLをコピーしました